翻訳メモリ (TM)

翻訳メモリ (Translation Memory:TM) の積極活用により、高品質・短納期・低コストを実現します。

安定したクオリティ、短納期、低コストをお約束します

近年、翻訳支援ツールは繰り返しや過去の流用が多い文献の翻訳(例:マニュアルなど)を行う際に、よりクオリティの高い翻訳を効率的に行うための欠かせない存在になりました。
効率、品質の向上のみならず、コストパフォーマンスの面においても、翻訳メモリはお客さまの資産になります。
そのため、丸星では翻訳支援ツールの使用を基本としております。

翻訳ワークフロー例

その中の機能の一つである翻訳メモリは、過去に翻訳した文章のデータベースのことです。
原文と翻訳文を一対一で結びつけて、次に同じ文章や似たような文章が出てきたときに再利用するための仕組みです。
一般的に、データを 蓄えれば蓄えるだけ新規翻訳箇所が減り、コストも時間も低減させることができます。
また、似ている箇所は同じ表現を使い統一をはかることができるので、用語・表現のブレを防ぎます。

丸星では、翻訳メモリを使用することにより、コストパフォーマンスの優れたサービスを提供しております。

少ない準備で翻訳をさらに簡単に

翻訳メモリをお持ちでないお客さまには、既存のドキュメントから翻訳メモリを制作するサービスを提供しております。

原文ドキュメントと訳文ドキュメントをご提供ください。対応しているファイル形式はWord、Excel、PowerPoint、PDF、HTML、InDesign、FrameMaker、XML、HTML など、テキストを取得できるものであれば大抵のものは対応可能です。
対応言語は日本語、英語以外にも、アジア言語、ヨーロッパ言語など多数対応しています。
納品形式はお客様のご要望に沿ってご用意いたします。

TM作成フロー例

さらに、ご提供いただいた文献に数字や用語などのエラーや不統一が発見された場合、翻訳メモリ制作と併せて修正するサービスもございます。
すぐに使用可能な、クオリティの高い翻訳メモリのご提供をお約束します。

どのようなニーズにも対応いたします

丸星での翻訳メモリサービスは大きく分けて2 通りご用意しております。

1.翻訳時の翻訳メモリ制作

翻訳をご依頼いただく際、過去文書が無い場合でも翻訳と同時進行で翻訳メモリを制作し、納品時に翻訳された資料とともにお渡しすることができます。
次回、類似案件をご依頼いただく際には、こちらの翻訳メモリを使用して作業を行うことで安定した品質、納品までのお時間の短縮、さらにコストも抑えて対応いたします。

2.翻訳メモリの更新・メンテナンス

翻訳メモリはお客さまの資産です。将来積極的に活用するためにも、丸星では制作した翻訳メモリの管理やメンテナンスも承っております。
丸星にて翻訳メモリを管理し、文章が改定された際には翻訳メモリ内の文章を修正し、常に最新の状態に維持するサービスなども承っております。

そのほか、お客さまのニーズに合わせたプランもご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。