調査・分析

調査によるデータ収集から、分析、課題抽出および解決策の提案まで、ワンストップで提供します。

データは宝の山ですが、適切な分析なくして宝は発見できません

IT 技術の発達や情報端末の進化によって、大量のデータをリアルタイムに収集・処理することが可能となり、マーケティング活動におけるデータ分析の重要性はさらに高まりました。

ヒト・モノ・カネはビジネスの3大要素といわれてきましたが、近年では、「情報」、すなわちデータを加え、ビジネスの4大要素と呼ばれるようになりました。
IoT(Internet of Things)の進化によって、ビジネスにおけるデータの有効活用はさらに重要な要素の一つとなることが予想されます。

ビジネスの4 大要素

しかし、多くの企業では多種多様なデータを取得することができても、有効に活用できていないのが実情です。

  • データの利用方法がわからない。
  • データをどの様に分析したらいいかわからない。
  • データから有効な相関性を見つけられない。
  • 分析レベルがわからない。(どこまで深堀りすればいいかわからない)
  • 分析結果をアクションに結びつけることができない。

データは玉石混合です。
役に立つデータとそうでないデータが混在している状態から有効なデータを探し出さなければなりません。
分析の前段階であるデータの“仕分け” ができていないと、有益な分析結果、その後のアクションには結びつきません。

丸星では、各種調査(市場調査・競合比較調査・アンケート設計、構築)によるデータ収集からデータの活用方法を提案し、有効性の高いデータを分析することでお客さまのマーケティング活動、社内改善を支援します。

丸星はお客さまのデータドリブンマーケティングをサポートします

これまでは特定の担当者の勘や経験などに依存することが多かったマーケティング活動ですが、データの重要性が増してきた今、データドリブンマーケティングがトレンドになりつつあります。

データドリブンマーケティングとは、データ分析を起点としたマーケティング手法のことで、単に分析を行うだけでなく、ユーザーインサイトから得た有益なデータを基に実際の施策として活用することを目的としています。
これにより、マーケティング活動の効果を最大化することができ、PDCA(plan - do - check - action)サイクルを効率よくまわすことが可能になります。

今後のマーケティング活動においては、データを制する者がマーケティングを制すと言っても過言ではありません。

また、「仮説なきデータ分析には意味が無い」と言われるように、データ分析には仮説が必須です。
複数の仮説に基づき分析を繰り返すことで、より現実感のある信頼性の高い分析レポートへとつなげることが可能になります。

丸星は分析結果だけでなく、分析結果から、どのようなアクションを行うべきかを想定した分析をおこないます。

そして、さまざまな仮説を立てトライアンドエラーを繰り返すことで、お客さまのマーケティング活動の効果を最大限に高める支援をおこないます。

丸星が提案する分析とは?

ビックデータ時代の到来が、さまざまな分析ツールを生み出しました。
Web 上には、無料の分析ツールが溢れています。
しかし分析に必要なのは、課題解決の手がかりとなるデータを探り出す視点と、そのデータを有効に活かすための知識と経験です。

丸星では専門知識を持つ分析担当者が、各種分析ツールを活用し、お客さまのニーズに沿った分析をおこないます。

● テキストマイニング

アンケートやコールセンターによせられるFA(フリーアンサー:自由回答)は、情報量が多いため定量的に分析しようとすると莫大なコストと時間が必要です。

しかし、テキストマイニングツールを活用することで、文章や単語を1文単位で分析できるため、単語の出現頻度や傾向、相関関係を効率よく見つけることが可能です。

また、最近ではSNS で投稿された内容を分析し、「お客さまの声」として活用する企業も増えています。

活用事例

  • VOC(Voice of Customer)分析
  • SNS 分析
  • 日報分析
  • FAQ 構築 など

● エリア分析

GIS(Geographic Information System=地理情報システム)を活用することで、お客さまの保有データと社会統計などのデータを重ね、エリアの特徴や傾向を地図上に可視化することが可能です。

これにより、エリアごとに最適なマーケティング活動が可能となります。

活用事例

  • 市場分析
  • 商圏分析
  • 売上予測(適正目標の設定)
  • 新規出店計画策定 など

丸星は分析の目的・活用方法などから各種分析ツールを活用し、今まで埋もれていた課題の抽出や新しい発見のサポートを行い、お客さまのビジネスモデルの構築を支援します。