マニュアル
コンサルティング

マニュアルの品質向上、制作プロセスの効率化につながる最適なソリューションを提供します。

マニュアルコンサルティング

マニュアル制作において、よく指摘される課題には以下のようなものがあります。

●品質

  • 必要項目の情報提供漏れはないか?
  • ユーザーにとって使い易いか?
  • イラストと本文、または製品に関する記述に用語の相違はないか?
  • 相互参照先に誤りはないか?
  • 改訂漏れはないか?  など……

●コスト・納期面

  • 高騰する制作費をおさえたい
  • 作業日数を短縮したい
  • マニュアル管理の業務負荷を軽減したい  など……

上記のような課題解決には、マニュアル制作における専門的なノウハウが欠かせません。


丸星は60 年以上にわたり、情報整理から原稿作成、編集・DTP、翻訳といったマニュアル制作のトータルサポートを提供してきました。その間、メーカーごとに異なる様々な課題を解決してきました。
そこで得た経験は、原稿作成におけるスタイルガイドの構築や、編集における自動組版の活用、翻訳メモリを使った効率化、翻訳用語集による品質の安定化、マニュアルの国際規格への適合、マニュアル制作ワークフローの見直しなど、幅広いコンサルティング活動に活かされています。


丸星は、長年の経験で得た多くのケーススタディをもとに、お客様の課題に応じた様々な改善プランを提案します。

トータルコストと品質を意識した、制作プロセスの改善サポート

製品ごと、大量のコンテンツを要するマニュアル制作において、品質を維持しながらのコスト削減は、高度なノウハウが求められます。
単に、マニュアル制作におけるリードタイム短縮を目的として情報量を削減すれば、コストは下がりますが、品質面において様々な問題を生じさせてしまいます。


丸星は、マニュアル制作における豊富な経験を活かし、以下のような改善を提案します。

●改善策の一例

  • 原文(日本語または英語)を評価し、コンテンツ量を最小限にする
  • 共通で使用できるコンテンツと、製品ごとに異なるコンテンツを分類し、オートメーション化を導入
  • 翻訳を前提とした原稿作成と編集を、制作プロセスに組み込む
  • システムを活用した校正プロセスの導入
  • 効率的なコンテンツ管理システムの導入  など……

これらの改善によって、マニュアル制作に関する効率化と品質維持を実現し、トータルコスト削減を目指します。


丸星は、お客さまのマニュアル制作現場や管理の現場に潜む課題抽出から着手し、品質維持・向上を前提としたトータルコスト削減を提案します。
これは、マニュアル制作における長い経験を持つ丸星だからこそ提供できる強みです。

ユーザビリティを意識した、マニュアル改善サポート

紙からはじまったマニュアルは、ICT 技術の進化によってPC やスマートフォン、タブレット端末での利用が可能になりました。
それに伴い、操作や動作といったオペレーションを解説するために動画コンテンツも多用されるようになりました。
既に、VR(仮想現実:Virtual Reality)や、AR(拡張現実:Augmented Reality)技術を活用したマニュアルやクイックリファレンスガイドも登場しています。

過去、テキスト要素とイラスト要素だけで構成されてきたマニュアルは、アニメーション要素やナレーション要素なども加わり、さらにはゲーミフィケーションといったエンタテインメント性も取り入れられ、よりユーザビリティを意識したコンテンツに進化しつつあります。
ユーザビリティの高い優れたマニュアルは、ユーザーに製品機能をフル活用させることができます。
製品を使いこなせるようになったユーザーは、製品への愛着を高め、ブランドスイッチを起こしにくくさせる効果も期待できます。
しかし、このようなベネフィットを得るには、イノベイティブな視点からマニュアルを捉え、改善する発想が不可欠です。


丸星は、海外拠点とも連携し、世界中に進出しているメーカーのマニュアル制作を支援してきました。
このグローバルな経験を活かし、次世代のマニュアルのあるべき姿を見据え、ユーザビリティの先にある付加価値の提供を目指します。